スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
友チョコ。

友チョコ①
日曜日は家に籠って、娘たちの友チョコ作り。


友チョコ②
毎年、大抵姪っ子も一緒に作ります。

女の子3人。
しかしながら、男の子にあげるのではなく、
全部女の子用^^;
色気もへったくれもありません。

真剣にカラフルなデコペンで
モールドに色付けする3人。
汚れ防止の新聞紙は必須です(笑)


友チョコ③
懸命に顔を描く長女。

友チョコ④
次女もお気に入りの色でお絵描き。

友チョコ⑤
姪はチョコペンの詰まりと格闘^^;
寒い季節は、チョコペンの扱いに苦戦します。


子供たちが夢中でチョコを作成中、
私はテンパリング作業に没頭。
そして。。。

続きを読む
【 2012/02/13 22:34 】

チョコレート |
くるみのブラウニー

ブラウニーくるみ1
本日予定されていた子供の運動会は、
火曜日に延期となりました。

明日も明後日も雨の予報。
しかも台風を伴う大荒れの天気だというから、
仕方ないのよねぇ・・・
学校側の早めの決断に感謝であります。

今日は1日中断続的に雨が降り続き、
何か一枚羽織らないと肌寒いほどでした。
そういう日には、またチョコレートが食べたくなる・・

ってな訳で、ザッハトルテに続き
チョコレートの焼き菓子を作りました。
くるみたっぷりのブラウニーです。


ブラウニーくるみ2
素朴な風味のブラウニー、大好き♪
混ぜるだけで作るのも簡単だし、
失敗知らずのお菓子です。

1日経ってからいただくと
しっとりさ&風味が増して更にいい感じ。


ブラウニーくるみ3
スティック状にカットして
グラシン紙でくるっとねじるだけで、プレゼントにも。

Cpicon 覚えやすい分量で♪くるみのブラウニー by あさえもん

今日はこの他にも、
初!自家製酵母パン。
そして抹茶のパウンドケーキを2本焼きました。

このお話は、また後日・・・


***

先週のほんわかショット。


続きを読む
【 2011/05/28 21:10 】

チョコレート |
友&義理チョコと手作り肉まん

友チョコ1
Happy Valentine’s Day!

この3連休。
私は家に篭ってチョコレート塗れになっていました(笑

いくつかのチョコ菓子にトライしましたが
まず取り掛かったのは、
娘たちがチョコを交換しようね♪
と約束してきた友達分の友チョコと、
肉親への義理チョコ作り。

友チョコ2
天板一枚分に
こちらのレシピで作った生チョコを流し、
冷やし固めることひと晩。


友チョコ3
その後こちらを参考にボンボン・ショコラを作りました。
PROFOODSさんで色とりどりの転写シートを見かけたら、
一気に作りたいモードになってしまった。。


友チョコ4
グリーンはスイートチョコがベース。


友チョコ5
こちらはミルクチョコベース。

どちらも仕上げのコーティング用には、
王道のカレボー使用です。


友チョコ6
100均で買ったトリュフケースに4個ずつ詰めて、
箱の両端をマスキングテープで留めて、
15個の友チョコ&義理チョコの完成~♪

因みに次女は甲斐甲斐しく手伝ってくれましたが、
台所仕事に興味の無い長女は何もしてません^^;

初めての本格的な転写シート使いの作業、
楽しかったけど難しかった~@@
テンパリングが成功しても、なにせこの寒さ。
固まっていくのが早いこと早いこと!

チョコレートの扱いは、
丁寧さ且つ素早さを必要とします。
モタモタしてると、仕上がりにアラが顕著に現れます^^;
ショコラの形がイビツなのはそのため。

チョコレート作業、慣れない私には大変でした。
しかし完成したチョコは美味しかった~♪
口に放り込むと、じんわり緩やかに溶けていきます。
甘すぎず、品のある味わい。

皆さんにも、喜んで貰えるといいな!


***

このチョコを作ったのは、連休中日。
底冷えする寒さの朝でした。
続きを読む
【 2011/02/14 18:04 】

チョコレート |
ハートのチョコレートBOX

ハートBOX1
ひと目惚れしたこちらのレシピで、
バレンタインの予行演習を。

といっても
バレンタインには全く別のものを作る予定なのですが、
テンパリングの手順を
今一度おさらいしておきたくて。


ハートBOX2
クオカで購入した、このチョコレートモールド

お値段ちょっと高めですが、
しっかりした造りで、何度でも使えそう。
箱部分の直径は約9cm。
高さは2.5cmで、
手のひらに乗るほどのキュートなサイズです。
100gのチョコレートがジャストな分量。


ハートBOX3
バレンタイン限定商品、
VALRHONAチョコレートお試しセットの中から、
ミルクチョコレートを使いました。
味はVALRHONAだから間違いないだろう!と踏んで。

丁寧にテンパリングを施して、慎重に型に流します。
溶かして固めるだけ、なのに
神経を使うのがこういうタイプのチョコレート菓子。

テンパリングが適当だと、
艶が出なかったり筋が入ってしまったり・・ですからね。

冷蔵庫で冷やし固めて、ドキドキの型外し。
上手く外れました~♪
深さがそこそこあるので、
家にあったグミを詰めてみました。


ハートBOX4
リボンには洋生チョコレートを使用。
風味の点では劣るのですが、
テンパリング不要なので作業性に優れています。

先ずピンクのチョコを流して、
固まったらミルクチョコを流します。
型から外したあと、ピンクチョコを糊代わりに
ピンセットでアラザンを貼り付けます。

楽しい作業だった~♪♪


でも実はコレ、2度目の作品でありまして。
記念すべき?初回の作品はと言いますと。。。
続きを読む
【 2011/02/09 21:00 】

チョコレート |
前ページ | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。