スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
こどもの日のフィナンシェ

こどもの日フィナンシェ①
カヌレを作ると卵白が余る。

・・ので、フィナンシェを焼きました。
発酵バターをたっぷり使います。


こどもの日フィナンシェ②
フィナンシェ型とベア型で。
シェル型のは焦げた~><


こどもの日フィナンシェ③
このベア型、何気にお気に入り。
ちょっと焼きが甘かったけれど、
こんがり焼き色が付くと
顔の表情が冴えて可愛いのです。


こどもの日フィナンシェ④
フィナンシェはやっぱりこのカタチ!

毎回小嶋ルミさんのレシピを参考にしています。
その日にいただくと表面のカリッとした食感と
内層のふんわり感のコントラストを楽しめます。
時間が経つにつれ香ばしさは薄れていくのですが、
味は馴染んでそれはそれで美味しい。

子供たちはそれほど好物ではないらしいのですが、
夫はこれが大好きです。

バターも砂糖もたっぷり。
カロリー的には手を出しにくい焼き菓子ですが、
薫り高くて後を引くのよね。


さてさて、フィナンシェが完全に冷めたら・・・

続きを読む
【 2012/05/03 22:22 】

焼き菓子 |
ビギナーズラック?なカヌレ・ド・ボルドー

カヌレ①
生まれて初めてカヌレを焼きました。

カヌレ・ド・ボルドー。
数年前に大ブームになりましたよね。
見たこともない風貌と
焦げすぎ?と思うくらいの焼色にまず驚き、
食べてみてその食感にWで衝撃を受けたのを
今でもよく覚えています。


そのうちパン屋さんでもケーキ屋さんでも見かけなくなり、
その存在を忘れつつありましたが・・
最近再ブームの兆しがあるらしく、
ちょこちょこお店で見かけるようになりました。

ならば、自分で作ってみる?
好奇心旺盛な私は、ついそんなことを考えてしまうのです。
で、即実行(笑)



カヌレ②
前もって準備しておいたカヌレ型。
ホントは銅製のが欲しいけれど
お値段が張るので、テフロン型で。

とりあえずで5個揃えました。


カヌレ③
型に塗る蜜蝋。
準備は整いました。
さて、上手く焼けるかな?


カヌレ④
生地は混ぜていくだけなので、以外と簡単♪
ひと晩寝かせた生地を
しばらく室温に戻してから使います。


カヌレ⑤
240℃のオーブンで、焼成40分。
蜜蝋のおかげか、コロンと型から外れました。

お、結構いい焼色~!


カヌレ⑥
こんがりカラメル色。
かといって焦げている部分も無く。
これは理想的な焼色でないの?
初めてだからよくわからないけど。


カヌレ⑦
個性的なカタチもカヌレの魅力のひとつ。
真上から見ても可愛いです^^


カヌレ⑧
冷めたら当日中にいただくのがいいらしいです。
で、早速カットして断面を確認。

カヌレは高温で焼くので、スが入ります。
気泡があればあるほどベストな状態みたい。
火力が弱いと目が詰まってしまい、
美味しくないのだとか。

肝心なお味。
外は気持ちいいほどカリッ!
そして中身はしっとりふわっふわ。
少し生焼けっぽいそれは、
濃厚で固めのカスタードクリームのよう。

カヌレって、この食感の違いを味わうお菓子なんですよね。


カヌレ初体験の夫は「?」という反応でしたが、
娘たちには好評でした。
私もそこそこ美味しいと思いました。

コレは俗に言う、ビギナーズラックなのでは??

その真偽を確かめるべく・・・

続きを読む
【 2012/04/23 22:40 】

焼き菓子 |
黒糖くるみのスノーボールと‘おーいお茶’

黒糖スノーボール①
子供たちの春休み、真っ只中。

なかなか自分の自由時間が確保出来ず、
お菓子やパンを焼くどころか
PCにゆっくり向かえる余裕もナッシング・・
一日中献立ばかり考えてる気がします^^;

今日は午前中、離任式のため
娘たちは久々に登校しました。
お世話になった担任の先生方に
ちょっとしたプレゼントを・・
と、黒糖くるみのスノーボールを焼きました。


黒糖スノーボール②
スノーボールは、思い立ったらすぐ作れる
お気軽さが嬉しい。
ほぼ家にある材料で揃うし。

多佳子さんレシピは
FPでガーッと混ぜるだけ。
手間も技術も要りません^m^


黒糖スノーボール③
こんな風に、
崩れないようにラッピングをして・・


黒糖スノーボール④
シールを貼って、完成♪
娘たちの書いた手紙と一緒に、
紙袋に納めました。



長女の担任の先生は、今日を持って離任されます。
ベテランの男性教師。
楽しく明るく、そして時には厳しく。
子供たちをしっかりと導いてくれました。

先生は教育委員会へと赴任されるそう。
現場にふさわしい先生であるからこそ
残念で寂しい気持ちは否めませんが、
きっと更なるご活躍をされることでしょう。

多くの生徒に感謝の言葉や手紙、プレゼントを貰い、
クラスみんなから花束を受け取り、
感慨深げで目に涙を溜めていたという先生。
「でも先生、泣きはしなかったよー」
と娘が残念そうに?報告してくれました。

しかし違う学年の生徒さんから、
先生がクラスを離れたところで
ひとり号泣していた、と教えてくれました。
それを聞いて、胸が熱くなった私。


I先生、長い間お疲れさまでした。
全てのことに全力投球で
前向きで正直な先生のことが
みんなみんな大好きでした。

お世話になりました。
心から、ありがとうございました!



因みに次女の担任のN先生は
他の学校に移ることはないので、
N先生が大好きな娘は喜んでいます。

クッキーを渡したら、
「やった~!帰ってから食べるね。」
と大喜びしてくださったのだそう。
お若い先生(23歳)なので、
リアクションも気持ちいいです^^

来年度もどうぞ宜しくお願い致します。


***

昨日のことです。

続きを読む
【 2012/03/29 19:18 】

焼き菓子 |
いちごのスノーボールと奇石博物館

いちごクッキー①
とても素敵なレシピを発見したので、
速攻作ってみました。

Cpicon さくさく☆いちごのスノーボールクッキー by チョコまかろん


いちごクッキー②
スノーボールは万人受けするし、
何よりも手軽で美味しいのがいいところ。
バリエーションも豊富だし♪

しかしいちご味は焼いたことがありませんでした。
フリーズドライのいちごパウダーと、
アーモンドプードルがたっぷりの贅沢クッキー。
生地を作る段階から、いい香りが漂います。


いちごクッキー③
焼成後はピンク色ではなくなってしまうのが
なんとも残念なところ><


いちごクッキー④
しかし仕上げにいちごパウダー入り粉砂糖を塗すので、
再びかわいいピンク色に♪


いちごクッキー⑤
生地作り10分。
焼成時間15分。
短時間で完成です^^

早速ひとつ味見してみたら、
いちごの甘酸っぱさがしっかり活きて、
すっごく美味しい!

コレは女子が好きな感じです。
男の人にあげるのは・・勿体ないな(笑)

いちごクッキー⑥
小袋に分けて、簡単にラッピング。
複数のママ友さんにプレゼントするために作りました。
これならきっと喜んでもらえそう♪


***

そして翌日。。。

続きを読む
【 2012/03/21 21:26 】

焼き菓子 |
おやつクッキーとマスキングテープ

素朴クッキー①
おやつ用に、簡単なクッキーを焼きました。

薄力粉7割に全粒粉3割。
甘味はカソナードで付けています。
フィリングはチョコチップと粗く砕いたクルミ。
アクセントにシナモンをちょこっとプラスしました。


素朴クッキー②
ぐるぐると、ワンボールで混ぜていくだけ。
忙しいときはこんなおやつが大助かりです。

カントリークッキーの雰囲気を出すために、
敢えてラフに丸めました。


素朴クッキー③
焼き切るタイプのザックザククッキー。
水分少なめで歯応えがあります。

ソフトなタイプより、
私はこういうクッキーが好み♪

全粉粉の素朴さも手伝って、
シンプルながら味わい深い。
カソナードと少量のシナモンも、
さらに風味を良くしてくれたようです。

カフェオレによく合いました^^


***

コレクターです。

続きを読む
【 2012/03/10 21:57 】

焼き菓子 |
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。