スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
東北地方太平洋沖地震

24時間途絶えることの無いTVやラジオでの地震情報。
あり得ないほどの目を疑いたくなるような悲惨な状況。
今まで体験したことの無い規模の日本列島の大惨事に、
私も大変心を痛めております。

個人的にご心配の連絡を下さった方々、ありがとうございました。
私たち家族は何事も無く無事です。

ここ静岡では震度5弱の揺れがありました。

昨日の昼下がり。
自宅のウッドデッキに干してある布団を
取り込もうと外に出ていたそのとき。

(あれ?目まい?貧血が起こったの?)
倒れそうな感覚に襲われ、体制を立て直していると、
帰宅してリビングで宿題をしていた次女が
「ママ!地震みたい!」と駆け寄ってきました。

何秒、いや何十秒激しく揺れていたでしょうか。
揺れの途中に長女も大慌てで帰路に着き、
一斉にダイニングテーブルの下に隠れました。
初めて体験する強い立て揺れに戸惑いながらも、
平常心・平常心と自身に言い聞かせて
TVの報道を確認しつつ室内の確認をしました。

幸い倒れたものや破損したものはなく、
人的被害も無し。
夫も休みで自宅に居たので、大事には至りませんでした。

その後、市内や隣市の多数の世帯に停電がありましたが
我が家の辺りは電話が繋がらなかっただけで、
特に問題がありませんでした。

今日は午前中、メガネを作りたくて
隣市の某大型ショッピングセンターに足を運んだのですが、
メガネ屋さんの店員さんや他のお客さんとも地震の話で持切り。
昨日は停電のため、店舗全体を15時に閉めたそうです。

食品売り場に寄ったところ、どの棚も品薄でガラガラ状態。
トラックでの生鮮品の輸送が困難な模様。
同じ理由で、
某ファーストフード店は限定メニューのみで対応していました。
店の中央には「地震対策」として
防災グッズが陳列されていました。

震災地から遠く離れたこちらでもその影響は大変大きなもので、
改めて今回の地震の規模の大きさを痛感しております。




まだまだ余震や津波の危険性があり、緊迫した状況が続いています。
ライフラインが途絶えているので、
日のあるうちに救助活動が進むことを願うばかりです。



地震で被災されたみなさまへ、心よりお見舞いを申し上げます。
【 2011/03/12 15:36 】

未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。