スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
栗の渋皮煮Ⅱと秋の実り

渋皮煮T1
先週夫の実家へ遊びに行ったら、
「もう終わりで少しだけなんだけど・・」
と義母からまた栗を貰いました。

小ぶりの可愛いサイズの栗が、
両手いっぱいくらい。
負担無く加工できそうな量です^^


すぐに処理をして、
翌朝渋皮煮に。
今回は仕上げに紅茶のリキュール・ティフィンを加え
香りをプラスしてみました。

割れてしまった栗を、少し味見。
ティフィンの香り、なかなか栗に合います!
前回の栗に比べて、栗自体の味が濃いみたい。

大瓶いっぱいに保存できました。
何のお菓子に使おうか、楽しみです♪


***

夫の実家へ行った目的は、
栗だけにあらず・・・

新米1
「稲刈りが終わったから、新米取りにおいで~」
と義両親から有難いお言葉をいただいたので、
いそいそと実家へ。

義父は定年退職後に農作業を始めました。
元々器用で凝り性の性格も手伝って、
年々と本領を発揮し、
今では数箇所の畑でいろんな作物を作っています。

キャベツに白菜、ほうれん草。
なすにきゅうりにトマト。
南瓜、西瓜、そしてお米・・・etc
最低限の農薬と、肥えた土。
そして富士山麓の綺麗な水と空気のもとで
丹精に育てられた野菜たちは、本当に美味しい!

たまに実家へ行くと、
軽の私の車には乗り切らないほどの
採りたて野菜を持たせてくれます。

これってかなり恵まれていることかも?

10年ほど前に始めた稲作も
初めは手探り状態のようでしたが、
3年ほど前から地元の農協さんで
「極上米」の評価を貰うほどの出来栄え。

今年は酷暑であちこちの農家で不作が見られるそうですが、
義父はその事態に備え
猛暑の中、独自の対策を敢行し
今秋も見事極上米を作り出しました。

米袋に真っ白で粒の揃った美しいお米を
たくさんいただいて帰りました。
義父の苦労と労力を
ずっしりと感じる重みでした。



新米2
翌朝、早速新米を炊きました。

まずはゲランドの塩のみで、
シンプルな塩むすびを!
熱々のお味噌汁も一緒に。

炊き上がりのお米を見て、まずビックリ。
お米が立ってる!そして色白♪
適度な弾力があり、
噛めば噛むほど味わいがあります。
おかずなんて要らない~

ああ・・・
日本人に生まれてよかった~!!
そんなふうに感じる
しみじみ深い美味しさでした。

お義父さん、いつもありがとうございます。



***


さあ、週末!
私は仕事が休みですが、
生憎夫は休みではないので
母親業、頑張ります。

今日は全国的に秋晴れのいいお天気のようですね。
これからお出掛けしてきます♪



ランキングに参加しています。
ポチッとお願いします♪



クオカ/cuoca
【 2010/10/16 08:48 】

和菓子 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。