スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
おせち料理2010

おせち
元旦の朝にいただいたおせち料理です。


毎年、年の瀬はバタバタながらも
おせち料理は準備する私。
多分ね、好きなんです。
食べるのも作るのも。



両親によれば、小さい頃から母の背中にくっついて
お料理するのを見ているような子供だったそうです。
専ら、味見目的だったらしいですが・・(笑)

大晦日も例外でなく、
朝から忙しなくお煮しめを炊いたり生酢を仕込んだりする
母の手伝い(邪魔?)をするのが恒例でした。

中学生の頃あたりから、
栗きんとんや酢ばすなんかを担当するようになったりして。

結婚してからは、毎年欠かさず作っている気がします。


年内にお重に詰めるという達成感と充実感に酔いしれる
自己満足的な部分も大いにあったりしますが、
子供たちに母の味を、そして私の味を受け継いでもらいたい。
娘たちがいつか家庭をもったら、家族に作ってあげてほしい。
そんな思いもあるのです。

とはいえ、肝心の私が
まだまだ母の味には追いつきませんがねヾ(;´▽`A``





おせち2
おせちの内容も、食器も、セッティングも
昨年と変わり映えしませんが・・^^;

この器、おせちを盛るのにピッタリで
大変重宝しています。



おせち3
普段は飲みませんが、
御屠蘇がわりのワインをちょっぴり戴いちゃったりして^^



おせち4
小ぶりの柚子をたくさん貰ったので、
くり抜いて柚子釜に。
海老は腰が曲がった状態で仕上がるように、
タコ糸で結んでオーブンで焼きました。

筑前煮の人参の飾り切りは、夫担当。
主人は野菜の包丁細工はお手のもので、
蛇腹キュウリなんかも上手です。


おせち5
酢の物は、
お酢も砂糖も多めに使って
野菜の食感を残す歯ごたえが好き♪


これでもか!と三つ葉を添えたお雑煮とともに、
新年初ごはんを
家族揃って味わうことができました。

ささやかな幸せに、感謝です^^


重箱
来年のための覚書として、
2010年おせち料理の全貌と内容です。

我が家のお重は、小さめの4段重。
一段目は口取りを入れるとか、
二段目は焼き物だとか、
全く気にせず盛り付けてしまったので
そのあたりはメチャメチャですが・・・(汗)


壱の重
一の重。

数の子明太風味
蒲鉾
ハム
厚焼き卵
いくら


弐の重
二の重。

鶏のなると巻き焼き
海老の鬼殻焼き
昆布巻き
たたきごぼう
酢ばす


三の重
三の重。

筑前煮
(鶏肉・里芋・牛蒡・蓮根・人参・椎茸・蒟蒻・さやえんどう)


与の重
与の重。

栗きんとん
伊達巻
黒豆
生酢




食事の支度が面倒になりがちな三が日は、
作り置きできるおせち料理は便利です。
主人のお酒のアテにもなるし♪

おいしいおいしい、と食べてもらって
重箱が徐々に減っていく感じが、
たまらなく嬉しいのです^^



それにしてもクリスマスからのご馳走続きで、
体が・・お、重い・・・ヾ(・_・;)

明日からは質素に暮らします(笑)






ランキングに参加しています。
ポチッとお願いします♪




【クオカ:生キャラメル】220×90





【 2010/01/03 18:31 】

お料理 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。