スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
みなとみらいへ家族旅行

ヨコハマ①
お盆休みに、
家族で横浜みなとみらいへ行ってきました。

1泊2日のプチ旅行でしたが、
猛暑を除いては、大変心に残る楽しい2日間でした。

写真は、ホテルの部屋から見たみなとみらいの夜景。
いつまでも眺めていても飽きない・・・

部屋の照明を落として、
この絶景を目に焼き付けておこうと
ずっと眺めていた私でした。


ヨコハマ②
今回の旅行は、このときのリベンジのようなもの。
大混雑で整理券配布が終了していて、
お目当てのカップヌードルミュージアムに行けなかったのです。

今回は前回の失敗を踏まえ、
自宅を早朝5時に出発。
8時前には現地に到着し、
既にでき始めていた列に並びました。

暑い中、2時間近く待ちましたが、
無事オリジナルカップヌードルを作るための
整理券をゲット!
頑張った甲斐がありました。


ヨコハマ③
長蛇の列の先頭の方だったので、
大人気のマイカップヌードルファクトリーにも
すんなり入ることが出来ました。

お客さんがまだ少ない会館直後の、貴重な空間。


ヨコハマ④
自販機でカップヌードルのカップを300円で購入し、
好きなイラストを描きます。
子供たち、そりゃもう真剣!
隣で夫も黙々と描いてます。


ヨコハマ⑤
好きなスープの味と、具材を4種選べます。
私は醤油ベースに、
キムチとコロチャー・なると・コーンをトッピング。


ヨコハマ⑥
蓋をして、市販品と同じように
ぴっちりと封をしてくれます。
待ってました!
世界でひとつのカップヌードルのできあがり~♪


ヨコハマ⑦
子供たちもご満悦♪

そうそう、この笑顔が見たくて、
頑張って朝から並んだのよね。


ヨコハマ⑧
ちょうどお昼近くになったので、
ワールド麺ロードへ。
世界各国のさまざまな“めん”を味わえるフロアで、
ハーフサイズ1杯300円と、お値段も比較的良心的。

異国情緒溢れる独特の雰囲気。
否が応でも期待が高まります。


ヨコハマ⑨
中国の蘭州牛肉面、カザフスタンのラグマン、
そしてお馴染み韓国の冷麺を注文して、
4人で分け合いっこ。

オイスターソースが隠し味のラグマンは、
もちろん初めて食べるけど美味しかった♪
冷麺も喉越しよく、さっぱり頂けました。


ヨコハマ⑩
お次はインスタントラーメンヒストリーキューブへ。
過去から今まで発売されたインスタントラーメン3000点以上が、
順番にディスプレイされています。

そりゃもう、圧巻!
懐かしいパッケージや、え?こんなんもあるの?
というラーメンにもお目にかかれて、
眺めていると飽きません。

インスタントラーメンの歴史って、深いんだなぁ。

あまりの混雑振りにすっかり人酔いしてしまった私は、
子供たちのことは夫に任せ、
ベンチで休憩していました。

平日ならばきっと存分に楽しめる施設だと思います。
ゆうに半日は過ごせちゃうはず。


ヨコハマ⑪
今回は観光は控えめに、ホテルでゆっくり過ごす!
というコンセプト?の旅だったので、
チェックインの2時にホテルへ向かいました。

お世話になったのは、横浜ロイヤルパークホテル
言わずと知れた、ランドマークタワーの高層階のホテルです。

夏休み中は仕事の都合で遠出がなかなか出来ないので、
奮発してクラブフロアのお部屋を予約しました。


ヨコハマ⑫
子供たち、慣れない雰囲気にドギマギしながらも、
豪華な調度品にうっとりしておりました^^


ヨコハマ⑬
65階のお部屋に案内され、
まずは室内を物色(笑)

バスタブとシャワーブースが別々になっていて、
洗面室も広々。
ロクシタンのアメニティが嬉しいじゃないの♪


ヨコハマ⑭
こちらは部屋からの眺望。
左手には観覧車や赤レンガ倉庫、
中央には山下公園や横浜中華街が望めます。

ヨコハマ⑮
右手には横浜スタジアムが。
ザ・横浜!といった趣の絶景です。

ヨコハマ⑯
眼下には、帆船日本丸が。

ヨコハマ⑰
41平米のデラックスツインのお部屋。
広々としてなかなか快適です。
添い寝の小学生は無料なので、
子供たちの分は施設使用料のみで済みました。

添い寝できるのも、今のうちだけだなぁ~


ヨコハマ⑲
ベンチに腰掛けて、
カップルのように並んで景色を愉しむ夫と次女。

私はそのTシャツでロイヤルパークに足を踏み入れてしまう
夫の潔さに、ある意味感心^^;
(夫は何処へ行くにもこんな格好です・笑)


ヨコハマ⑳
クラブフロアの魅力は、
専用のラウンジでのチェックインを始め、
ティータイムのお茶、カクテルタイムのアルコール2杯が
無料で楽しめること。

富士山が望める落ち着いた空間で、
ふかふかのソファでくつろぎながら、
オードブルとともにビールを飲む夫。

せっかくなので私も、
ホテルオリジナルのカクテルなぞ。
久々のアルコール、染みました!

サービスで供された蒸したての焼売が美味しくて、
ついつい食べ過ぎてしまいました。
夕飯を食べる気が起こらないくらいに^^;


ヨコハマ21
部屋に戻ると、日はすっかり暮れ、
街の照明が灯り始めてきました。

昼間の景色とは、また随分雰囲気が違います。


ヨコハマ22
折角だから、4人で夜の散歩。
ようやく涼しくなったみなとみらい。
気持ちのよい風が吹いていました。

ちょっと離れた場所から眺めるランドマークタワーも
とても綺麗。

ヨコハマ23
様々な色に変わる観覧車の照明も
幻想的で素敵でした。

ヨコハマ24
がっつり夕食は無理だけど、甘いものなら食べられる♪
という女子3人の希望に応え、
夫がワールドポーターズで
Bigパフェを奢ってくれました。

こういうのなら、すんなり入ってくのよね(笑)

もの足りない夫は、
この後カレーをテイクアウトして、
部屋で夜景を見ながら食べていました^m^

寝るのがもったいない程の夜景だったけれど、
1日中歩いて疲れた体に、
当然睡魔が襲ってくるわけで・・

カーテンを全開にしたまま、
幸せな気分で心地よい眠りにつきました。


ヨコハマ25
翌朝、子供たちがまだ熟睡しているうちに
私が向かった先は、ここ。

49Fのランドマークフィットネスクラブが
無料で使用できるプランなので、
ならば!と夫と一緒に行ってみました。

お目当ては、夫はジム。
私はプール♪

早朝のプールはガラ空きで、私ひとりの貸し切り状態。
監視役のお兄さんが居たけれど、
広いプールの中には私だけという
なんとも贅沢なひとときを過ごさせてもらいました。

数十分後、夫が合流し
若い女性も1人やってきましたが、
絶景の高層階で愉しむプールは
優雅で贅沢なものでした。

きっと最初で最後よ、こんな経験(笑)


ヨコハマ26
運動の後は、のんびり起きた娘たちも一緒に
専用ラウンジでの朝食へ。

ビュッフェ形式で、
迷いながらも各々好きなものをいただきました。
フルーツとフォーが美味しかったなぁ♪

ヨコハマ27
ラウンジからの景色。
遠くに富士山がくっきり映えていました。

ヨコハマ28
2日間、庶民の私たち家族を
ハイソな気分にさせてくれたホテルとスタッフさんに、
感謝の気持ちでいっぱいです。


ヨコハマ29
チェックアウト後は、ランドマークのショッピングフロアへ。
夫が娘たちを連れ出してくれたので、
私はひとりウインドウショッピングを満喫しました。


ヨコハマ30
みなとみらいを後にし、
お次は野毛山動物園へ。

市営なので入場料が無料の太っ腹な動物園ですが、
結構見応えありました!
ライオンがこんなに近くで観察できるんだもの~


ヨコハマ31
キリンの子供が可愛かったです。
他にもレッサーパンダ・ゾウガメ・トラなど
気になる動物たちを見ることができたのは良かったですが、
とにかく茹だるような暑さで!

日陰を選んで歩いても、ちっとも涼しくない。
普段汗をかけない体質の私の顔にも、
珍しく汗が流れていました。


いや~都会は暑い!
お盆はどこもかしこも人で溢れかえっているから、尚更だわ。
季節と曜日を選べば、
もっと快適に過ごせるのだろうけど。

とにもかくにも、
印象に残る楽しい旅行となりました。


ヨコハマ32
あまりお土産を選ぶ暇がなかったけれど、
お友達や自分用に、ちょこちょこ買い物をしました。

写真はランドマーク内の成城石井で買った
ナッツの蜂蜜漬け。
瓶ぎっしりに、数種のナッツが詰まっています。
コレはいい製菓材料になりそうだ~^^

横浜そごうのマーロウのプリンを手に入れたかったけれど、
残念ながら時間がなく、今回は見送ることに。

どこに行っても美味しいスイーツ探しには貪欲な私。
そこだけはいつも、アンテナがビッと張ってます(笑)




子供たちが旅行に付き合ってくれるのも、
きっと今のうちだけ。
この貴重な時間を大切に過ごさなくちゃね。

今度はどこに行こうかな♪









ランキングに参加しています。
ポチッとお願いします♪

【 2012/08/22 22:45 】

お出掛け |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。