スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
初心に帰るフルーツパウンド

Fパウンド1
10日ほど前に、フルーツパウンドを焼きました。

もう何度も焼いている、小嶋ルミさんレシピのこのケーキ。
手前味噌ではありますが、
自身の焼くお菓子の中で、私は一番コレが好き。

でもねぇ。
先日改めてレシピを熟読して、気付いてしまったんです。
「これは全く基本に忠実ではない」と^^;



Fパウンド2
小嶋さんレシピでは、ラムに漬けるのはレーズンのみ。
その他アプリコットやクランベリー・プルーンは
お湯かアールグレイで戻したものを使います。
そうすることで、各々のフルーツの個性が活きるんだとか。

しかし私は、その辺まるで自己流。
レーズン・ドライフィグ・アプリコット・クランベリーを
まとめてラム酒漬けにし、生地に加えていました。
なので洋酒の風味は、酔ってしまいそうなほどバッチリ^^;


今回はそのアバウトすぎる作り方を改めて、
初心に帰ってレシピどおり忠実に!
を心がけました。
1g単位で記載されている材料も、きちんと計量。
泡立て前のバターの中心温度も、泡立て後の温度も
しっかりと計りました。

ボウルの中身は、1ヶ月ラムに漬けたレーズンと
戻したアプリコット・クランベリー・プルーン。
そしてオレンジピールに、荒く刻んだくるみ。

このパウンドの大変な点は、
何気に材料の準備だったりします^^;


Fパウンド3
焼成後、ラップにピチッと包んで
冷蔵庫で寝かせること1週間。
本当は2週間後以降が食べ頃なんですが・・・
待ち切れずにカット。そしてワンカットだけ試食~♪


Fパウンド4
う、美味い・・・+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+

今までのは‘しっとり’を通り越して湿っぽくて
フルーツの食感が一様だったけれど、
今回のは適度な生地のしっとり加減と
フィリングそれぞれの存在感が、確かにある!

夫曰く、「プルーンがいい味出してる」。
プルーン独特のねっとり感が
いい意味で全体をまとめている、との彼の見解デス。
私も同感。

(私のフルーツパウンドが大好物だと言ってくれるbaru-loveちゃん。
そして何度もオーダーしてくださってるNさん、Sさん!
今回のタイプのほうが今までより断然イイです!
またお味見お願いしますね♪)



Fパウンド5
実はこのパウンド。
前日に焼いたチョコナッツパウンドと共に
友達からの依頼を受けたもの。

味には自信があるけれど、
ラッピングにセンスが無くてゴメンね、Hちゃん^^;
お友達との楽しいティータイムに
華を添えることができたら、心から嬉しいです。


***

先々週の話ですが・・・

続きを読む
スポンサーサイト
【 2011/01/31 18:29 】

パウンドケーキ |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。