スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
栗の渋皮煮とくるみのタルト

タルト
昨年秋に仕込んだ栗の渋皮煮が、
残りあとひと瓶。

煮汁にラム酒をちょぴり足して
保存しておいたので、
そろそろ味も香りも馴染んで
美味しくなっているはず・・

渋皮煮の美味しさを満喫できるお菓子を焼きたい!!
ってなことで
渡部和泉さんのレシピで
栗のタルトを作ってみました。


タルト2
レシピでは丸型使用だったけれど、
私はなんとなくイメージがしっくりきたので
長方形で焼くことに。

このタルト型、大好きなのです。


タルト3
中身はアーモンドクリーム。
サバトンマロンクリームも100g練りこんであります。

あとは
半割りにした渋皮煮とくるみを
ランダムに散らして。


タルト「4
空焼きなしで、アパレイユと一緒に焼き上げるタイプ。
タルト生地もなかなか綺麗に焼けました♪


タルト5
栗の渋皮煮は、季節限定。
勿体ないからちびちび使いたい貧乏性の私でありますが・・
このタルトには、惜しみなくふんだんに使いたいもの。

大粒6個、費やしました!



タルト6
先日、ふと立ち寄った無印良品で
アカシヤのプレートを2枚買いました。
ケーキ皿にいいかな・・と思って。

このタルトを乗せてみたら、
なんともしっくりくること!
カントリー調のケーキにピッタリです。


夕方、お友達と一緒にこのタルトでお茶しました。

サクサクのタルト生地。
栗の素朴な甘さとラムの風味が活きたアパレイユが相まって
あと引く美味しさ♪

お友達も
「カフェみたい♪」と喜んでくれました。


***

昨日のランチ。
続きを読む
スポンサーサイト
【 2010/01/14 22:02 】

タルト |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。