スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
和菓子で紫陽花&ピカチュウ弁当
あじさい

〝紫陽花〟という当て字が大好きです。

ひらがなで〝あじさい〟と書いてしまうのはもったいないくらい風情があって、上品な趣を感じるのは私だけでしょうか?しとしと雨の中、ひっそりと、それでいて自己表現の上手な色とりどりの紫陽花たち。

そんな季節の風物詩をお菓子で表現したくて、こんな和菓子を作りました。
葛西麗子さん著『低カロリーの簡単ケーキと和菓子』より「あじさい」です。

この本を手にしたのは、高校生の頃。かれこれ20年近く、梅雨の時季に毎年決まって作っているような気がします。


寒天

花の部分は、砂糖と天然色素を溶かした寒天液で作ります。
淡い紫とピンクを目指したのですが・・・好みの色にするのは難しいです(;´Д`


あじさい2

極上白練りあんを丸め、サイコロ状に切った寒天を菜ばしで貼り付けていきます。紫陽花の葉は、実家の庭でもらってきたもの。

先日、紫陽花の葉を料理の付け合わせとして使用した飲食店で、その紫陽花の葉を食べたお客さんが食中毒を起こした、というニュースがありましたね。紫陽花の葉には、「青酸配糖体」という有毒成分が含まれ、胃液などと反応して青酸を生成するそうです。
咀嚼をしなければまず大丈夫とのことでしたが・・・

小心者の私は、撮影後すぐに葉を外しました(笑)


あじさい3

学校と幼稚園から帰宅した娘たち。
「わ~♪あじさいだ!!」と大喜びでおやつにぺロリと平らげてくれました。

夕食後のデザートに食べた主人は、
「うん。ゼリーと白あんが意外にマッチして美味しいんだけど・・・ゼリーにもっとパンチというか、個性が欲しいね。」とのこと。

そうそう、寒天はお砂糖の味しかしないはず。
ふと閃いたのが、ぶどう果汁やもも果汁100%のジュースでもイケるかも、というアイデアです。程よい酸味があって、色も綺麗で美味しそう!大人向けには、赤ワインやロゼワイン、スパークリングワインなんかも合いそうです。

来年に乞うご期待。。。(o^∇^o)ノ


紫陽花

ホンモノの紫陽花も、綺麗に咲いてます☆



続きは昨日のおべんとう。
続きを読む
スポンサーサイト
【 2008/06/27 06:30 】

和菓子 | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。