スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
黄色い☆バースデーモンブラン
モンブラン

昨日4月8日は、義母のお誕生日でした。

どちらかといえば、和食より洋食やイタリアンを好む義母。
スイーツも好きで、私の作るものをいつも喜んで食べてくれます。

そんな優しい義母のバースデースイーツに、 「モンブラン」 を作りました♪


今やモンブランといっても多種多様。
栗ひとつとっても、和栗だったりフランス産だったり。
土台も焼きメレンゲやスポンジなど、好みでいろいろ選べますよね。

ちなみに私の好きなモンブランは、なんといっても アンジェリーナのモンブラン☆OL時代、先輩が銀座で買ってきてくださったそのモンブランをひとくち食べて、「この世にこんなに美味しいものがあるんだ・・・」と思ったものです。大袈裟でなく (;^_^A ・・・



モンブラン2

義母の好みは、昔ながらの黄色いモンブラン。
茶色の凝ったものではなく、銀のアルミホイルにくるまれた、○マザキの2個入りパックで売られているようなタイプです。そう、つやつやの栗の甘露煮がてっぺんに乗っかったアレです。
いわば、王道モンブラン。


クリーム

毎年義母のお誕生日には、決まってモンブランを作っています。
〝黄色いモンブラン〟を作るのに欠かせないお手軽アイテムが、 モンブランペースト です♪

栗の甘露煮のペーストに白あんが練りこまれているので、ちょっぴり和風味。
ペースト:8分立てのホイップ=3:1で、甘さ控えめ&クリーミーな栗クリームになります。


工程2

土台は、オーソドックスなスポンジを焼きました。
富澤商店で見つけた、 ゴールデンスクエアトレー がお役立ちです☆


モンブラン3

モンブランには欠かせない 専用口金 で、お楽しみもラクラク♪
ちょっとお値段のいい口金ですが、それなりの仕事はしてくれます。


モンブラン4

暖かくなって、庭先のミント類も新芽を出してきました。
お菓子作りの最後の仕上げに不可欠なのです。


箱詰め

義父と義母2つずつ、4個を箱詰めしました。

以前作った渋皮煮のモンブランタルト とは、雰囲気が違うでしょ?


バッグ

これからの季節にどうかしら?と思って選んだビーズのバッグ。
ケーキと一緒に届けに行ってきました。

喜んでもらえて良かったです~ (o^∇^o)ノ


いつもどんなときも、娘たちと私たち夫婦に愛情をたっぷり注いでくれるお義母さん。
ダメ嫁ですが、優しいお義母さんに恵まれて、幸せです☆
これからも元気で長生きしてくださいね♪
スポンサーサイト
【 2008/04/09 00:09 】

その他のケーキ | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。