スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
コリラックマのサンドイッチ弁当&流れ星おにぎり弁当

先週のお弁当1
先週作った娘たちのお弁当です。

夏休み前の学校最終日。
akinoichigoさんのレシピ本より
‘コリラックマのサンドイッチ弁当’に挑戦。

リラックマ大好き!な娘たち。
きっと喜んでくれるだろう・・と踏んで。


先週のお弁当2
この立体サンドイッチ。
中身はポテトサラダで、チーズで作った耳は
サラダ用パスタで固定してあります。

コリラックマの輪郭は、丸ではなく楕円なので
ラップに包んでしっかり形を整えます。

カレー味の黄色いウズラは、キイロイトリのつもり・・・
市販のリラックマプリントのウインナーが
お弁当を盛り上げてくれます^^


先週のお弁当3
姉妹のぶん。
コリラックマ以外は、明らかに手抜きです^^;

娘たちはそれぞれ、
仲良しの友達と楽しくお弁当を食べた模様。


次女は途中でお腹いっぱいになってしまったらしく、
担任の先生にサンドイッチをひとつ貰っていただいたそう(汗
次女の担任は、教職2年目の
若~い独身の男性^^;
先生、変なモノ食べさせてしまってスミマセン・・
何だかとても恥ずかしく、恐縮であります。
(しかし、「コレ、うまい!」と喜んで食べてくださったのだとか・笑)


***

もうひとつ、お弁当ネタです。
続きを読む
スポンサーサイト
【 2011/07/25 22:58 】

未分類 |
夜半の恐怖・・・

15日の午後10時半過ぎ。
静岡県東部を震源とする大きな地震がありました。

私の住む富士市では震度5弱。
夫と私の実家のある富士宮市では
震度6強もの揺れを観測しました。

先週金曜日の東北地方大地震のときよりも
体感的には激しい揺れを感じ、
正直生きた心地がしませんでした。

夫は夜勤で不在。
子供たちはとっくに就寝し、
私は本を読みながら
そろそろ寝ようかな・・
とウトウトし始めたそのときでした。

突然の突き上げるような大きな揺れ。
そして大きな横揺れが何度もありました。
時間にすると数十秒だったらしいけれど、
私には1分程度の長い揺れに感じました。

大慌てで、びっくりして起きてきた子供たちを抱きかかえ
悲鳴をあげながら
揺れが治まるのを待つことしか出来ませんでした。
情けない話ですが。。。

その後家中を確認してみると・・
食器棚から数枚の皿やグラスが落ちて割れ、
高い位置にあったぬいぐるみは何体も落ち、
壁掛時計は10:31分で見事に停止していました。
冷蔵庫もタンスも、本来の位置から明らかにズレていました。

幸いにも家具類は全て頑丈に固定してあるので
大きなものが倒れることはなかったのですが、
深夜になっても鳴り止まない消防車のサイレン。
真っ暗闇の中に響くヘリのエンジン音。
ひっきりなしに繰り返される広報の放送。
物々しい雰囲気が流れていました。

人的被害が少なかったのが幸いですが、
両実家のある富士宮市は、相当な被害があったようです。
建物の天井や壁が崩れ落ち、地割れが起き通行止めになる箇所も。
休校になった学校もあったようですが、
体育館が打撃を受けて、
避難場所として使えないといった事実も聞きました。
地震後すぐさま実家に連絡を取って
皆の無事が確認でき、心底ほっとしました。



静岡県という土地柄、東海地震に備え
地域や学校での避難訓練が積極的に行われてきました。
私もいざというときの心構えはできていたつもり。
・・・しかし実際大地震が起こってみると、
パニックになって何も出来ない自分が居ました。
こんなんじゃ、子供たちはおろか自分の命さえも守れない。

被災地で避難されている大勢の方々は
雪の積もる極寒の中、
深い悲しみと先の見えない不安を抱えながら
生きる望みを見失わないように懸命に頑張っている。
私もしっかりしなくちゃ、と思いました。



昨日も何度か余震がありました。
計画停電は一応我が町も被災地、ということで
昨日から見送りになっています。

とりあえず私ができることは、
家中の家具や物を見直し、危険な箇所は片付け、
万が一に備えて万全の体制を作ること。
そして、強い気持ちを持つこと。


落ち込んでいる場合じゃない。
悲しみにくれている暇は無い。

世界に例を見ないような
この日本の大危機を目の当たりにして、
いろんなことを考えています。


みなさん。
被災地の、そして日本全体の復興のために
今こそ力を合わせましょう!
【 2011/03/17 08:27 】

未分類 |
悪夢から3日経って・・・

TVで被害を確認するたびに増える被災者・行方不明者の数。
これが本当に日本で起こっていることなのか、
と目を疑いたくなるような地獄のような被災地の状況。
食料・物資が不足している中で
寒さと不安に耐えながら、家族との連絡すらままならないまま
避難所で4回目の夜を迎える避難所の方々。

締め付けられるような心の痛みを感じながらも
何も出来ない自分の無力さにもどかしさを抱いております。

転勤族だった義父の赴任先で、
夫が小学生時代を過ごした宮城県岩沼市。
以前夫が仕事で何度も足を運んだことのある福島県南相馬市。
両市とも壊滅的な被害を蒙ったようで、
夫婦で黙ったまま信じ難い映像を見つめていました。



誰もが経験したことの無い母国の大惨事を受けて
思い気持ちのまま、また新しい1週間が始まりました。

どんな過酷な状況でも、朝は来る。
これは悪夢ではなく、紛れもない現実なのです。



今日から始まる予定であった計画停電。
私たちの住む地域は15:20~19:00ということで、
それに備え朝から準備をしていました。
夕飯時にあたるため、予めおにぎりを握ったり、
お湯を沸かして水筒に入れておいたり。
娘たちの小学校は、時間短縮で授業が行われました。
たった3時間程度の停電予定にもかかわらず、
周りは慌しい雰囲気で、私も大忙し。

結局今日の停電は最後まで行われませんでしたが、
日々私たちがどんなに電気に頼っているかを痛感しました。

文明の利器に囲まれた、何不自由ない私たちの暮らし。
娘と夫たちを「いってらっしゃい」と送り出し、
普通にご飯を作り、洗濯をして、お風呂に入る。
そんなあたり前だと思っていた日常が
どんなにか幸せなことかということを
改めてしみじみ感じた週末でした。



大地震に見舞われる確立が最も高い、
と言われて続けてきた静岡県で生まれ育った私。
明日はわが身、と家族で防災バッグの確認をしました。
これらのお世話になる日が来ないに越したことは無いけれど、
もしかしたら明日にでも必要になるかもしれない。
家族が離れ離れの状況でも再会ができるように、
避難場所を今一度話し合いました。


今私たちに出来ることは何だろう?
長女のクラスで、1時間目の授業を変更して
そんな話し合いがなされたようです。

節電・節水・募金。
これ以上被害が大きくならないよう祈ること・・

そのくらいしか思いつきませんが、
ひとりひとりの力は微力でも
それが合わされば大きな大きな支援になること。
心して日々を過ごしたいと思います。


引き続き自衛隊・諸外国の救助隊の方々には
ひとりでも多くの命を救えるよう
力を尽くしていただきたい。

被災された全ての皆さまには
心よりお見舞い申し上げます。

【 2011/03/14 23:12 】

未分類 |
東北地方太平洋沖地震

24時間途絶えることの無いTVやラジオでの地震情報。
あり得ないほどの目を疑いたくなるような悲惨な状況。
今まで体験したことの無い規模の日本列島の大惨事に、
私も大変心を痛めております。

個人的にご心配の連絡を下さった方々、ありがとうございました。
私たち家族は何事も無く無事です。

ここ静岡では震度5弱の揺れがありました。

昨日の昼下がり。
自宅のウッドデッキに干してある布団を
取り込もうと外に出ていたそのとき。

(あれ?目まい?貧血が起こったの?)
倒れそうな感覚に襲われ、体制を立て直していると、
帰宅してリビングで宿題をしていた次女が
「ママ!地震みたい!」と駆け寄ってきました。

何秒、いや何十秒激しく揺れていたでしょうか。
揺れの途中に長女も大慌てで帰路に着き、
一斉にダイニングテーブルの下に隠れました。
初めて体験する強い立て揺れに戸惑いながらも、
平常心・平常心と自身に言い聞かせて
TVの報道を確認しつつ室内の確認をしました。

幸い倒れたものや破損したものはなく、
人的被害も無し。
夫も休みで自宅に居たので、大事には至りませんでした。

その後、市内や隣市の多数の世帯に停電がありましたが
我が家の辺りは電話が繋がらなかっただけで、
特に問題がありませんでした。

今日は午前中、メガネを作りたくて
隣市の某大型ショッピングセンターに足を運んだのですが、
メガネ屋さんの店員さんや他のお客さんとも地震の話で持切り。
昨日は停電のため、店舗全体を15時に閉めたそうです。

食品売り場に寄ったところ、どの棚も品薄でガラガラ状態。
トラックでの生鮮品の輸送が困難な模様。
同じ理由で、
某ファーストフード店は限定メニューのみで対応していました。
店の中央には「地震対策」として
防災グッズが陳列されていました。

震災地から遠く離れたこちらでもその影響は大変大きなもので、
改めて今回の地震の規模の大きさを痛感しております。




まだまだ余震や津波の危険性があり、緊迫した状況が続いています。
ライフラインが途絶えているので、
日のあるうちに救助活動が進むことを願うばかりです。



地震で被災されたみなさまへ、心よりお見舞いを申し上げます。
【 2011/03/12 15:36 】

未分類 |
ミニキューブプリンパン

プリンパン1
クオカのレシピを参考に
キューブ型でプリンパンを焼いてみました。

プリン大好物!な私は、
‘プリンパン’というネーミングだけで
かなり惹かれる・・・


プリンパン2
あまり日の目を見ない我が家のキューブ型ですが、
久々に引っ張り出してきました。

このパン、焼き上がりはとても可愛らしいのですが
型にひとつひとつオイルをスプレーしたり、
洗ったりするのが少々面倒なのよね。。

でも折角買ったんだから、もっと活用せねば!

卵と牛乳たっぷりのリッチな生地に、
フィリングはオームカスタードクリームと
カラメルタブレット。
至極お手軽です♪


プリンパン3
どうやら成型がまずかったようで、
カスタード&カラメルは
すっかり偏っていました・・(;´Д`)
おまけに全体的にラインがきっちり出ず、
中途半端な印象の焼き上がりに。。。

しかし、パン生地自体の味がとても良い!
思ったより甘さ控えめであっさり。
しかししっかりコクと旨みがあり、
後味のいいこと~♪

これはパン生地だけでも
いろいろ応用が効きそうです。
子供たちにも好評でした^^


***

プリン繋がりで・・・

続きを読む
【 2010/12/15 17:27 】

未分類 |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。